受け身で参加してはならないハローワークのセミナー

何か1つでも輝くものを身につけようと、ハローワークのセミナーへの参加を検討する人は増加傾向にあります。ただし、受け身の気持ちでセミナーに参加すると痛い目にあいます。ハローワーク主催のセミナーに参加する人たちの多くは、なりふり構わず職を手に入れたいと考えています。たとえば、面接練習の講座に参加したとしましょう。当然、講師はハローワークの職員さんです。基本的な受け答えについて指導されて終わりではありません。このような形式では、必ず実技演習が入ります。そこで、何も考えずにハローワークに訪れた人はどうなるでしょうか。結論から言えば、自信が無くなります。ハローワークに足を運んだ人たちとの面接練習で、架空の会社への志望動機などを聞かれるといった場面が訪れます。普段から真面目に求職活動に取り組んでいる方々は、すらすらと答えることでしょう。逆に、受身の姿勢で参加している人たちは言葉に詰まってしまうのです。

このページの先頭へ